プロジェクトの概要

発起人 木村 暁 教授 (遺伝学専攻)

発起人の写真

「研究記録(実験ノート、フィールドノート、調査ノートなど)」は、どのような分野の研究でも欠かせない研究の基本的ツールです。しかしながら、各研究者がどのように研究記録をつけているかは同じ分野でも個々人の流儀があるようで、ましてや異分野でどのような記録をつけているかについて情報交換がされることは少ないのが現状です。また,記録の仕方についての教育も体系だって行われることはないようです。本研究会では、多様な分野の研究者の集まる総研大という場を活かし、「研究記録」を切り口とした議論をすることで、各分野での研究記録の位置付けや内容に関する相互理解を深めます。また研究者をめざす大学院生に「よい研究記録のあり方」について効果的な指導を行う方法を考えることを目的とします。

各分野の研究記録

木村暁教授の写真
木村 暁 教授 (遺伝学専攻)
小山順子准教授の写真
小山 順子 准教授 (日本文学研究専攻)
伏見譲教授の写真
伏見 譲 教授 (葉山本部)
花田英夫准教授の写真
花田 英夫 准教授 (天文科学専攻)
菊澤律子准教授と木村暁教授の写真
左:菊澤 律子 准教授 (比較文化学専攻)
右:木村 暁 教授 (遺伝学専攻)
過去の研究会