• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

学融合のひと・こと(7月の記事)

 本ブログでは、分野を越えた学生・教員の学術交流を推進することを目的として、学融合レクチャーや学生企画、萌芽的研究会などのセンター関連事業の周知や報告について、主催者および協力者が記事を投稿することが可能です。投稿された記事はセンター長の許可を経た後、掲載されます。投稿の申し込みおよびお問い合わせは担当の塚原(tsukahara_naoki[a]soken.ac.jp [a]を@に変えてください)までお願いいたします。

  過去のブログ
  2017年 1月 2月 4月 5月 6月 7月
  2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月
  2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2014年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年7月28日 研究事業締切迫る

夏本番を迎え、冷たい飲み物がグッとおいしく感じられるようになりました。 我が家のナナフシやカブトムシも活発に動き回っています。
 さて、学融合研究事業の公募締切り(8/8)まであと2週間をきりました。 共同研究の相手方を探していて、まだ見つかっていない、あるいは相手方の条件は 満たしているものの、さらにこの方面の分野に詳しい方に参入してもらいたい等、 ありましたら、学融合推進センター研究事業担当者(小松・田辺)まで 気兼ねなくご相談ください(メール:cpis-office[a]ml.soken.ac.jp [a]を@に変えてください)。










 また「研究者交流掲示板」も合わせてご利用ください。
http://cpis.soken.ac.jp/project/research/keijiban/index.html
新しい枠組みでの意欲的な提案をよろしくお願いいたします。

田辺

2014年7月25日 葉山セミナー開催

 7月23日に、学融合推進センターの葉山セミナーが行われました。センターが主催する、どなたでも参加可能で自由な雰囲気のセミナーです。今回は特任准教授の菊池先生に、「実験室(ラボラトリー)って何?」というタイトルでご講演いただきました。菊池先生のご専門は科学史で、特に近代化学の発展の歴史について多面的なアプローチから研究を進めていらっしゃいます。

 先生のお話によると、ラボラトリーは、研究が生まれる重要な場所というだけではなく、学生と教員、研究者同士、ラボの内と外にいる人々の関係を大きく規定するものだそうです。今回のトークでは、ヨーロッパと日本の具体例から、ラボラトリーと研究内容・実験技術との関連性についてご説明いただきました。現在でも、ラボに寝泊りするという話はよく聞きますが、19世紀のヨーロッパでは、大学教授が正式な形としてラボに住居を構えるという例もあったのだそうです。

 普段から身近な存在であるラボラトリーの「構成」が、研究成果にも大きく影響するとは驚きでした。今回は短時間でのご紹介でしたが、詳しい内容は先生の著書にまとめられているそうです。ご興味のある方は手に取ってみてはいかがでしょうか。

Anglo-American Connections in Japanese Chemistry: The Lab As Contact Zone. Yoshiyuki Kikuchi.
https://books.google.co.jp/books?id=GCtYLwEACAAJ&ie=ISO-8859-1&output=html&hl=ja&source=gbs_ViewAPI&redir_esc=y

小松

2014年7月11日 平成26年度公募型研究事業説明会開催

 7月7日に品川にて公募型研究事業の説明会を開催しました。30名以上の方にご参加いただき、皆様の関心の高さが伺えます。説明会では、岡田学長より本事業の趣旨に関してご説明いただいた後、研究事業責任者の田辺先生より概要を説明いたしました。また、最後に、センターの研究事業に始めて応募する方にもわかりやすいように、昨年度の中間報告会で評価が高く、ポスター賞に輝いた野林先生のプロジェクト「「料理」の環境文化史:生態資源の選択、収奪、消費の過程が環境に与えるインパクト」(戦略的共同研究Ⅰ)の事例報告をしていただきました。
 その後は、懇親会を兼ねた研究交流会を行いました。野林先生のフィールドである台湾の食材をつまみに、台湾ビールと高粱酒を飲み、盛会となりました。この七夕の夜は、アルコールの助けを借りて、きっと独創的な共同研究のシーズが生まれたことでしょう。

公募に関する詳細は以下をご参照ください。

(公募型研究事業新規公募) http://cpis.soken.ac.jp/project/research/koubo/bosyu.html
(萌芽的研究会開催支援) http://cpis.soken.ac.jp/project/research/houga/index.html
(繋がる学融合研究事業 ?学長に学融合研究事業改革を聞く?) http://cpis.soken.ac.jp/project/research/koubo/president.html
(公募型研究事業 よくある質問) http://cpis.soken.ac.jp/project/research/koubo/faq.html

塚原

  過去のブログ
  2017年 1月 2月 4月 5月 6月 7月
  2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月
  2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2014年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月