• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

学融合のひと・こと(8月の記事)

 本ブログでは、分野を越えた学生・教員の学術交流を推進することを目的として、学融合レクチャーや学生企画、萌芽的研究会などのセンター関連事業の周知や報告について、主催者および協力者が記事を投稿することが可能です。投稿された記事はセンター長の許可を経た後、掲載されます。投稿の申し込みおよびお問い合わせは担当の塚原(tsukahara_naoki[a]soken.ac.jp [a]を@に変えてください)までお願いいたします。

  過去のブログ
  2017年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月
  2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2014年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年8月21日 JSPSサマープログラム報告会

 8月18日に、総研大が共催するJSPS サマープログラムの報告会と送別会が行わ れました。JSPSサマープログラムの開始と同時に開催した総研大レクチャー「国際コミュニ ケーション」の受講生も参加し、楽しいreunionとなりました。 受講生のLuさんもPhanさんも、「国際コミュニケーション」で知り合ったJSPSフェ ローに東京案内をするなど、レクチャー終了後も交流を深めていたそうです。短 い時間でしたが、フェローとの別れを惜しんでいました。 英語力向上だけでなく、世界中にに友人をつくること、まさに「国際コミュニケー ション」レクチャーの大きな成果です。今後も世界中に知り合いをどんどん増やして 活躍して欲しいです! 今回参加できなかった受講者の皆さん、また別の機会に集まりましょう!

小松

2015年8月14日 学融合レクチャー「太陽系の科学:南極探査と惑星探査の最前線」開講!

 今年度、新規開講する学融合レクチャー「太陽系の科学:南極探査と惑星探査の 最前線」では、只今受講者を募集中です。
 太陽系の科学に関しての講義と、極地研での実習や宇宙研ツアーなども予定して います。太陽系に少しでも興味のある方、理系・文系問わず全ての専攻からの受 講をwelcomeしています!
 開催は9月10-11日、申し込み締め切りは8/28(金)です。 詳しくは以下サイトにてご確認ください。
https://www.soken.ac.jp/event/20150910-11/

---
学融合レクチャー「太陽系の科学:南極探査と惑星探査の最前線」

 2010年に「はやぶさ」探査機が小惑星物質のサンプルリターンに成功し、さらに 昨年は「はやぶさ2」の打ち上げが成功し、が大きな話題となりました。また日 本は、活発な南極探査を実施し世界有数の隕石保有数とキュレーション設備を有 しています。
 しかしながら、これらの探査から「何が分かったのか?そして何が分からないの か?」についてどれだけの理解がされているでしょうか。本講義では、太陽系の科学に ついて、南極探査と惑星探査の最前線で活躍する研究者より、それぞれの分野に おける最先端の成果について学びます。

開催日時:2015年9月10日~9月11日
開催場所:国立極地研究所、JAXA宇宙科学研究所

履修を希望される方は、下記をご参照のうえ、お申し込みください。
https://www.soken.ac.jp/event/20150910-11/

小松

2015年8月11日 学融合セミナーが開催されました。

 7月22日、学融合セミナーが開催され「『竹取物語』『源氏物語』とアクティブラーニングの相性−「文学教育」の可能性について−」という題目で研究について報告しました。今まで大学と高校で行った、アクティブラーニングの実践についての研究です。古典文学研究と「能動的な学習」を意味するアクティブラーニングは非常に相性が良いのではないか、という仮説に基づいて行っている研究の一環で、今回の報告では実際に『竹取物語』『源氏物語』の一節を使った授業の一部を参加の皆様に体験していただきました。様々なご意見をいただくことができ、発表者としては大変有意義な時間でした。ともすると誤解も多いアクティブラーニングに対して興味関心を持っていただけたことと、意外と人気のない『竹取物語』を面白いと思っていただけたことが嬉しい収穫でした。

七田

  過去のブログ
  2017年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月
  2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2014年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月