• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

学融合のひと・こと(6月の記事)

 本ブログでは、分野を越えた学生・教員の学術交流を推進することを目的として、学融合レクチャーや学生企画、萌芽的研究会などのセンター関連事業の周知や報告について、主催者および協力者が記事を投稿することが可能です。投稿された記事はセンター長の許可を経た後、掲載されます。投稿の申し込みおよびお問い合わせは担当の塚原(tsukahara_naoki[a]soken.ac.jp [a]を@に変えてください)までお願いいたします。

  過去のブログ
  2017年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
  2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月
  2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2014年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年6月24日 学融合レクチャー「動物倫理学入門」開講(7/23-24)

動物倫理学入門ポスター

 クマにヒトが襲われると、Yahoo!のトップニュースに載るほどの一大事件です。しかしながらニワトリやウシが何羽、何頭殺された、というニュースは聞きませんよね。毎日のようにヒトに殺されているにも関わらず。ヒトの命とニワトリやウシの命、そこに違いはあるのでしょうか?
 世界にはイヌを食べる地域があります。それを非難する人は多々おります。宗教を除いてもブタを食べることを非難する人もおりますが、イヌを食べることを非難する人の方がきっと多いでしょう。イヌの命とブタの命、そこに違いはあるのでしょうか?
 これらの問いについて、当たり前と思ってあまり深くは考えなかったという方も多いかもしれません。そんな方に是非ともご参加いただきたい、動物の命について向き合う機会があります。
 それが学融合レクチャー「動物倫理学入門」です。平成28年7月23日(土)-24(日)に総研大葉山キャンパスにて開講しますので、ふるってご参加下さい。

詳しくはこちら(https://www.soken.ac.jp/event/20160723/)。

塚原

2016年6月9日 奈良のシカ×生物学史ワークショップ 開催(8/26)

 8月26日(金)、奈良公園で天然記念物「奈良のシカ」の保護活動、保護管理をテーマとしたワークショップを開催します。
 この企画は日本科学史学会生物学史分科会による夏の学校の一環で行われますが、もともとは平成26年度に実施した学生企画「産学・地域連携による交流型環境教育プロジェクト:「奈良のシカ」の保護活動から学ぶ都市における人と動物との共生」のなかで実施したセミナー企画を発展させたものです(学生企画のプロジェクトはこちら)。 環境学や生命科学を専門とする方はもとより、研究と地域を結ぶ地域連携の活動に関心のある方、そして「どうして奈良にシカがいるの?」「ケガをしたシカはどうやって治療するの?」という疑問をお持ちの方は、ぜひこの機会に奈良公園まで来てみませんか?
 なお8月27日(土)には、学会主催の研究会も実施いたします。科学史や生物学史の議論に関心のある方はこちらも気楽にご参加ください。ワークショップ・研究会ともに参加には事前申し込みが必要です。詳しくはチラシ、告知HPをご確認のうえ、下記連絡先までお問合せください。皆さまのご参加をお待ちしています。

【告知HP】http://researchmap.jp/evdgfv96h-66/#_66
【連絡先】yoshinori.tojo●idc.minpaku.ac.jp [夏の学校実行委員 東城]
(●を@に変換してください)

地域文化学専攻 東城義則

  過去のブログ
  2017年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
  2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月
  2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2014年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月