• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

学融合のひと・こと(7月の記事)

 本ブログでは、分野を越えた学生・教員の学術交流を推進することを目的として、学融合レクチャーや学生企画、萌芽的研究会などのセンター関連事業の周知や報告について、主催者および協力者が記事を投稿することが可能です。投稿された記事はセンター長の許可を経た後、掲載されます。投稿の申し込みおよびお問い合わせは担当の塚原(tsukahara_naoki[a]soken.ac.jp [a]を@に変えてください)までお願いいたします。

  過去のブログ
  2017年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月
  2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月
  2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2014年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年7月27日 学融合レクチャー「動物倫理学入門」に参加して

総研大入口

 2016年7月23日(土)から24日(日)にかけて、開講された学融合レクチャー「動物倫理学入門」を受講しました。レクチャーでは人間と動物の命に違いはあるのか?という疑問を出発点に、講義と演習を行いました。
 講義では、動物考古学から見た人と動物の関わり、台湾での動物供犠と動物福祉の摩擦、世界における動物福祉の現状、有害鳥獣捕獲等について学びました。
 続く演習(1)では、動物の取扱い方について異なる意見を持つ人とどのように対話することができるのか、具体的な事例を元に考えました。演習(2)では、まず「ヒトを食べていい」「人は食べてはいけないが動物は食べてもいい」「人は食べてはいけない。動物の中にも食べていい動物と食べてはいけない動物がある」という3つの立場に分かれて討論を行った後、総合討論を行いました。討論では、様々な観点から人と動物の命についての意見が出されました。議論は、食べていい動物と食べてはいけない動物の境界は何によって定まるのかといったところから、臓器移植手術を受けることが許容されて人を食べることが許容されないのはなぜか、人を人が食べることと、人を動物が食べることの違いがどこにあるのかといった方向にまで広がりを見せました。
 簡単に解決することのできない人と動物の関係の問題について、多様な専門を持つ講師陣と他大学の学生を含む参加者と共に考えた2日間は、有意義で刺激的な2日間でした。

文化科学研究科 国際日本研究専攻 春藤 献一

2016年7月26日 ポケモンGOと湘南国際村

総研大入口

 巷で話題のポケモンGOですが、静かな山の中にある本学の葉山キャンパスも、取り残されることなくそのブームに乗ることができました。ポケストップになっています。よくよく見ると、葉山キャンパスのある湘南国際村のあちこちにポケストップがあるようです。
 拡張現実を楽しむゲームとして世界中で話題になっている一方、私有地や危険な場所、入るべきではない場所等がポケストップになっていたり、所謂歩きスマホが問題になっていたりと、当面「お騒がせ」な感じのポケモンGOですが、いつも人もまばらでひっそりしている湘南国際村に、ポケストップがたくさんでき、モンスターがうろうろしているのかなあと思うと少し楽しいですね。

七田

  過去のブログ
  2017年 1月 2月 4月 5月 6月 7月 8月
  2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 11月
  2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  2014年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月