• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

大統合自然史(仮称)

第一回 大統合自然史授業開発研究会開催の様子

第一回大統合自然史授業開発研究会が、去る9月11日の午後1時から6時まで、品川駅近くのコンベンションルームAP品川で、下記プログラムにより開催されました。会議の様子がブログにアップされております。

I. 基調講演
「大統合自然史の意義」長谷川眞理子(副学長)
「大統合自然史とは」鎌田進(学長補佐)

II. 出席者自己紹介 参加者全員

III. 文理を超えた知見の共有に向けて
「文理が相互に提供できる理念はあるのか−自身の経歴から」久保正敏(比較文化学専攻)
「文系から見た大統合自然史」藤井龍彦(比較文化学専攻)

IV. 研究紹介
「アイスコアによる過去の気候・環境の復元」東久美子(極域科学専攻)
「メダカに学ぶ形態と生理のゲノム基盤−スラベシ島産メダカ属魚類を例として」成瀬清(基礎生物学専攻)



開催日時:平成27年9月11日(金)13-18時

開催場所:コンベンションルーム AP品川
 東京都港区高輪3-25-23京急第2ビル 10階 Fルーム
 JR・京浜急行品川駅高輪口より徒歩3分
 http://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-shinagawa/shn-base/