• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

フレッシュマンコース 8-10 April 2014

入学式、学生セミナーを終えて、4月8日の午後から本年度初めての試みであるフレッシュマンコースが開催されました。

新入生間の横のつながりを促進するプログラムであることを説明する平田学融合推進センター長 「学長との懇談会」 学長のみならず、長谷川副学長、永山理事のお二人にも加わっていただき、学生からの研究者としての生き方に関するさまざまな質問に答えてもらいました。
翌日の4月9日第1限は、長谷川眞理子副学長による「科学と社会1:科学と科学観の変遷」。科学の発展の歴史を文化や社会の観点から時代区分し、各時代での科学のあり方、捉え方の違いについて語られました。 第2限はこの3月末に総研大を退職された池内了前理事による「科学と社会2-科学倫理」。社会的にも研究の不正に対しての注意が集まっているなかでの研究者の持つべき倫理の基本について話していただきました。
第3限は「科学と社会3:科学を取り巻く世界」という日本の科学を支えている社会の仕組みについての講義を長谷川眞理子副学長に語っていただきました。 第4限は桂 勲遺伝学専攻長に、「研究者となる心構えとは」など、新入生にとって最も身近な課題について話していただきました。
第5限は「ITリテラシー概論」。コンピュターで扱われる情報とはという基礎から、オンラインのセキュリティーに関する実践的な話題まで話していただきました。 最終日の4月10日には、各研究科にわかれて研究科オリエンテーション行われ、今季のフレッシュマンコースは修了となりました。閉講式で、「学生セミナー・フレシュマンコースで築いた学生間のつながりを今後ももち続けてもらいたい」と挨拶をするは桑島邦博特任教授。