• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

葉山セミナー  23 July 2014

葉山特別セミナー 「実験室(ラボラトリ)って何?」
菊池好行(総合研究大学院大学学融合推進センター特任准教授)

開催日時:2014年7月23日 15:00から
開催場所:葉山キャンパス学融合推進センター棟2階クリエイティブルーム

どなたでも参加可能です。
終了後にドリンクを飲みながらの意見交換会も行います。

 総研大の多くの人々が日々研究に励んでいるラボラトリ。科学者にとっては、自宅よりも長い時間を過ごすことになるかもしれない、重要な存在です。ただし一言でラボといっても、17世紀以前の錬金術(アルケミー)の時代から現在に至るまで、歴史上、実にさまざまな形態があります。ラボの形、部屋の配置、ラボを収容している建物の建築様式などの物質的特長は、研究内容や実験技術と深く関連しているだけでなく、学生と教員、研究者同士、ラボの内と外にいる人々の関係を大きく規定していることが、最近の歴史研究で明らかになりつつあります。本セミナーでは、筆者が専攻する近現代化学史を中心として、ラボラトリに関する最近の歴史研究を紹介したいと思います。