• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

学融合セミナー  29 October 2014

日時:2014年10月29日 15:00 - 17:00(終了後、意見交換会を予定してます)
場所:学融合推進センター棟2階 クリエイティブルーム

「アポロからはやぶさへ ~彗星と小惑星の物質科学〜」

学融合推進センター 助教 小松睦美

 近年の惑星探査機の軽量化と高性能化により、宇宙惑星探査は宇宙科学の一つの手段として定着しつつある。それに伴い、アポロの月試料採取より途絶えていた、探査機によるサンプルリターンが可能となった。近年の大きな成果としては、原始太陽系星雲の進化の解明に必要な天文的観測に基づいた原始太陽系星雲の進化モデル(物質循環モデル)が構築されたことが挙げられる。こうした中、2006年にNASAの探査機「スターダスト」が世界で初めて彗星(ビルト2彗星)ダストのサンプルリターンに成功した。これはアポロ探査機が月面の岩石を持ち帰って以来、約40年ぶりに人類が自らの手で得た地球外物質である。彗星はこれまで、低温で形成されるダストと氷で成り立つと考えられていた。しかしながら彗星ダストの分析結果からは、予想に反し、Mgに富むカンラン石や難揮発性鉱物などの高温形成物を多く含むことが明らかになった。これらの鉱物は、小惑星帯を起源とする始原的隕石物質と共通しており、上記の物質循環モデルを支持している。
 本セミナーでは、彗星ダストの研究結果に加え、小惑星イトカワのサンプルリターンに成功した日本の探査機「はやぶさ」の持ち帰った粒子から得られた結果と、今年打ち上げ予定の「はやぶさ2」の目指すサイエンスの展望について紹介する。



Date/Time:2014.10.29 15:00 - 17:00
(We will have discussion time with some drinks after the seminar.)
Place:Creative room (2nd floor of CPIS building in Hayama campus)

What can we learn from extraterrestrial materials? – Sample return from moon, comet, and asteroid.-

Mutsumi KOMATSU (CPIS, assistant professor)

 Planetary Science missions, past, current, in planning or in development, extend mankind’s presence to the solar system’s inner rocky worlds, helping to unlock the secrets of the solar systems’ composition, history and evolution. In 2006, NASA’s Stardust spacecraft successfully collected particles from Comet 81P/Wild 2 after a seven-year, 4.5-billion-kilometer round trip. It was the first mission to return the extraterrestrial samples since Apollo missions in 1970’s. Previously, comets were believed to consist of low-temperature materials such as ice and dust. The analysis of cometary particles revealed that, contrary to our expectation, they are composed of the variable low- and high- temperature materials including crystalline silicates. It suggests that cometary particles did not form in the icy comet-forming zones, but many of them are formed in the hot region close to sun and then transported to outer solar system.
 Recently, JAXA’s spacecraft Hayabusa returned samples from asteroid Itokawa. Additionally, follow-on mission Hayabusa-2 is scheduled to launch in this year. In this talk, a brief overview of study on extraterrestrial materials including cometary particles, Hayabusa samples and the scientific goals for Hayabusa-2 mission will be discussed.