• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

学融合セミナー  22 July 2015

日時:平成27年7月22日(水) 15時30分~17時
場所:学融合推進センター棟2階 クリエイティブルーム

「『竹取物語』『源氏物語』とアクティブラーニングの相性−「文学教育」の可能性について−」

学融合推進センター 特任准教授 七田 麻美子

 

今日、 大学教育等において盛んに議論されているアクティブラーニングは、単なる活動を伴う学習形態を超えて、「一方向的な知識伝達型講義を聴くという (受動的)学習を乗り越える意味での、あらゆる能動的な学習のこと」(溝上 2015)と 定義され、所謂「ディープアクティブラーニング」を目指すことが必須となっていると言ってよい。今回は、古典文学を用いた授業(中等・高等教育) において、いかなる要件を満たす場合、生徒・学生の深い学びを促すことができるかを検討した実践研究の報告と共に、古典文学作品の教材化におい て、研究手法としての「テキストクリティーク」や「訓詁注釈」という方法論の、効果的なアクティブラーニングにおける有効性について考察する。




セミナーの様子

ブログ記事をごらんください。