• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

学融合セミナー  16 December 2015

日時:平成27年12月16日(水) 15時30分~17時
場所:学融合推進センター棟2階 クリエイティブルーム

「手話を用いた相互行為の微視的分析」

学融合推進センター 助教 菊地 浩平

 

「手話は自然言語である」ということが確かな言語学的根拠とともに主張されるようになってから半世紀以上が経った. このことについて国内外での社会的認知も大きく進展し,手話を母語とする人々が社会参画をするための 制度的な整備も進められてきている. 一方で実際に手話を用いて生活する人々の具体的な言語使用についての研究はまだ蓄積が少なく, 様々な場面でのデータ収録とその場で行われている活動に即した理解を微視的な分析によって導き出す試みが急務である. 今回は様々な場面で行われている活動の中から,特に手話通訳者を介した聴者とろう者の会話を事例として, 人々が日常的に行っている相互行為の仕組みを理解することで得られる知見について報告する.




セミナーの様子

ブログ記事をごらんください。