• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

学融合セミナー  13 January 2016

日時:平成28年1月13日(水) 15時30分~17時
場所:学融合推進センター棟2階 クリエイティブルーム

「リサーチ・アドミニストレーターの将来展望 〜URAからUAへ〜」

信州大学リサーチ・アドミニストレーションセンター センター長 杉原 伸宏 教授

 

 近年、大学等にリサーチ・アドミニストレーター(URA:University Research Administrator)の配置が進み、各大学が強化したい機能、例えば研究力の分析、外部資金獲得支援、研究広報、等に関する多様な業務に従事している。これらの業務は、俯瞰力、情報収集力、企画力、調整力、折衝力等の融合で成り立つが、このような能力を高次元で融合させ得た人材こそが、国立大学に決定的に不足していた「大学マネジメント人材(UA:University Administrator)」ではないだろうか。講演では、演者自身が企画から設置、運営まで関わっている信州大学の医工連携研究拠点(JST:地域産学官共同研究拠点、経産省:技術の橋渡し拠点他)やアクア・イノベーション拠点(文部科学省・JST:COI STREAM他)から、これら大型拠点形成事業を活用した大学の研究力・教育力・社会貢献力の向上策までを紹介し、リサーチ・アドミニストレーターの将来展望を議論したい。




セミナーの様子

ブログ記事をごらんください。