• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

学融合セミナー  18 May 2016

日時:平成28年5月18日(水) 15時30分~17時
場所:学融合推進センター棟2階 クリエイティブルーム

「科学的実在論論争とは何か」

学融合推進センター 助教 大西 勇喜謙

 

 科学はしばしば,天球やフロギストン,カロリック等の,直接肉眼では確認することのできないような理論的対象を導入することで,自然界の現象の体系的な記述や説明を試みてきた。19世紀末の電子の発見をはじめとして,そうした目に見えない対象の導入は,現代科学において益々盛んに行われ,それらの対象に付与される性質も,しばしば我々の日常的な感覚からはかけ離れたものになっている。科学哲学では,(証拠によって十分確証された)科学理論が目に見えない領域について語る事柄は,世界について近似的に真なる描像を与えるものと考えてよいのか,あるいは,科学理論とは観察可能な現象・データを説明・予測するものにすぎず,そうした理論的対象も,そのための概念的道具立てにすぎないのか,といったことが議論されてきた。本発表では,「科学的実在論論争」と呼ばれるこうした問題について,その基本的な論争構造を紹介する。




セミナーの様子

ブログ記事をごらんください。