• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

学融合セミナー  12 July 2017

日時:平成28年7月12日(水) 15時30分~17時
場所:学融合推進センター棟2階 クリエイティブルーム

「知識はどのように概念化され,創られ,活用されてきているのか」

学融合推進センター 特任准教授 西中 美和

1990年以降のパラダイムシフト的情報科学の進化とともに,リソースとしての知識は量,質ともに大きく変化し,状況の変化とともに,これまでにはなかった形での創造のされ方をしてきています.知識が人から独立したものか、そうではないものかは議論がある部分ですが、少なくとも,これらパラダイムシフトの中で,人から独立した知識が多くなってきていることは事実であり,人間のコントロールから離れ始めるものも出てきています.おそらくは地球上のほとんどの人類を巻き込んで,プラス面もマイナス面も含め現実として進行形で進むこの状況の中では,すべての人が結果に責任を持つ参与者であるといえます.このセミナーでは,知識に関係する社会科学を中心とした理論,方法論,利用のされ方を紹介します.知識を中心としたテーマにおける自由なディスカッションを,対話による参加型で行いたいと思っております.Skype を利用したリモートからの参加も歓迎します.(連絡先:nishinaka_miwa@soken.ac.jp)




セミナーの様子

ブログ記事をごらんください。