• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

2013年度 国際シンポジウム

2014年2月3日(月)- 4日(火)に総研大葉山キャンパスで総研大国際シンポジウム「Modern Human Diversity on Genes and Culture- with special reference to Asia and Oceania - 」が開催されました。
 遺伝学専攻の斎藤成也先生を委員長として、人間社会における「多様性」をキーワードとして、主として遺伝子と文化の面から、現生人類の地球上への拡散につれてそれぞれの多様性がどのようなパターンで変化していったのかを明らかにすることを目的に企画されました。


考古学、言語学、遺伝学、文化交流の観点などさまざまな角度からヒトの移動とヒトの多様性についての研究成果が発表されました。『人間社会における「多様性」』というキーワードは同じでも研究分野は様々です。通常の学会ではなかなか同時に議論することができない研究者が一堂に会した本シンポジウムでは質疑応答も活発に行われました。

本シンポジウムは総研大が目指す学融合研究プロジェクトの成果の一つでもあります。同じ目標に向かって研究を進める時、自然と分野の境界は交わり、大きな成果をもたらすということを実感できたシンポジウムでした。