• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

研究者交流掲示板 ピックアップ研究者

研究者交流掲示板では、異分野連繫に興味のある研究者をご紹介しております。

掲示板で紹介している研究者に興味がある方は直接ご本人にご連絡をとっていただいても構いませんし、担当の塚原(tsukahara_naoki[at]soken.ac.jp)が仲介もしております。
「ピックアップ研究者」ページに登録したいという方もぜひご連絡ください。


木村 暁(遺伝学専攻 教授)

生命科学研究科 遺伝学専攻
趣味は、読書、旅行。
実はもともと生物にはそれほど興味はなく、大学進学時は建築に興味を持っていました。建築の機能性や都市計画の中の隠れた秩序などを面白いと思っていました。しかしながら都市で実験するのは困難です。そんな中、細胞に出会いました。細胞の中では、シンプルなもので複雑なことをやっており、建築と似たような機能性や秩序があるのでは、と思ったのがこの道に入ったきっかけです。

akkimura[at]nig.ac.jp([at]を@に変えて)

 

研究紹介

 細胞の研究をしています。細胞がタンパク質などからどうやってできているのか、どうやって組み上がっていくのかを研究していて、それを細胞建築学と名付けています。顕微鏡観察とコンピューターシミュレーションを組み合わせて、細胞がダイナミックに動く様子を再現し、説明しようとしています。

学融合推進センターで採択されている課題

 いろいろな生物を扱っている研究者の方々に協力いただき、様々な生物の細胞の情報を集めています。細胞の大きさは千差万別ですが、細胞の大きさに比例して細胞の内部の構造が大きくなったり小さくなったりしているのかどうか、細胞のサイズと内部構造の関係に着目しています。

今後の展開、求める研究者

 私の行っている細胞建築学には、統計学や情報学や画像の処理が必須ですので、それらの専門家と共同研究を進めていきたいと思ってます。特に大きなデータを扱う際など、入力してアウトプットする時点で、情報の処理を自動化するなど、何か工夫をできる方と一緒に研究したいと考えております。

様々な分野の研究者が参加できる研究記録に関するプロジェクト

 上記の細胞建築学の研究とは別に、研究記録に関するプロジェクトも学融合推進センターの支援を得てすすめています。
 多くの研究者にとって研究ノートは必須なものだと思います。ただ、人によっては我流であったり、ノートの取り方も様々です。そこで、記録の仕方について何かしら標準化できないかということを考えてこのプロジェクトを提案しました。しかし、議論を進めていくうちに、研究分野により記録方法は様々あり、非常に多様だということが分かってきました。今は、それぞれの分野でどのような違いがあって、それがその分野の本質とどう関係があるのかということを研究していくのが面白いだろうと思ってます。同時に、記録を取ることは研究者の教育にとってもすごく重要なツールなので、どうやって教えていくかということを皆さんで議論したいと考えています。 今は、細胞生物学、日本文学、フィールドワークをされてる方、大きな装置を使ってプロジェクトを進めている方、宇宙・天文の方、物理・理論の方など、多分野の方々に入っていただいてます。

この研究者をより詳しく知りたい方はこちら

Research map
所属機関のウェブサイト
研究室のウェブサイト


「ピックアップ研究者」に登録したい方

以下の情報を担当の塚原(tsukahara_naoki[at]soken.ac.jp)までお送りください。

1) 自己紹介文
2) 専門分野
3) これまでどんな研究をしてきたか
4) 現在興味をもっていること、これからやりたいと思っていること
5) やりたいと思っている異分野連繫型の研究(あれば)
6) どんな人物を探しているか(いれば)
7) 連絡先(非公開でも可能)、Research mapアドレス、ウェブサイトアドレス、SNSアドレス