• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

第7回企画会議

総研大研究プロジェクト 第7回企画会議

【開催日】 平成26年11月6日(木)~11月7日(金)
 
【開催場所】国立天文台 水沢VLBI観測所
本館会議室(協力:天文学専攻 本間希樹 准教授)
(岩手県奥州市水沢区星ガ丘町2-12)
http://www.miz.nao.ac.jp/content/tour_guide_mizusawa_campus

【内容】11月6日(木) 企画会議

(1)「誤差から学ぶ-Z項と地球回転」
   天文学専攻 花田英夫 准教授

(2)「研究記録のあり方研究」継続議論
   遺伝学専攻 木村暁 准教授 他

(3)「文化財レスキューと生活記憶の人文学」

   国立歴史民俗博物館 葉山茂 特任助教(総研大修了生)

(4)水沢地区見学(VLBI 観測所、木村記念館、奥州宇宙遊学館)

その後、奥州市前沢区にて懇親会



11月7日(金) 三陸視察

午前7:30時頃水沢駅出発?陸前高田他視察?


(午後: 中尊寺訪問:自由参加)
   「浄土教文化に関するフィールドワーク」 
   学融合推進センター 七田麻美子特任准教授

【会議の様子】

 こちらのブログもご参照ください。


恒例の自己紹介(左)に始まり、花田先生のZ項に関する話題提供


日本に二つある標準時のうちの一つは水沢で計測されています(左)、計測データを記録するメディア(右)


木村栄記念館の見学(左)、葉山先生による文化財レスキューの話題提供(右)


継続議論の木村先生による研究記録のあり方に関する議論(左)、議論は懇親会の席でも(右)


被災地陸前高田の視察、地元の方によるガイド(左)
ガイドの方が撮影された津波の映像を実際の現場で見る様子(右)


中尊寺でのフィールドワーク(左)、水沢天文台にて電波望遠鏡を背に集合写真(右)