• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

学融合研究事業予算執行 物品・役務

研究計画の遂行に関連する実験用品等の消耗品を購入する場合および報告書の印刷・作成等の業務委託を行う場合は、本学様式の『【様式7】物品役務請求書』に必要事項を記載、捺印の上、総務課学融合推進センター事務係までご郵送下さい。

なお、教員による直接の業者発注は認めておりません。本学財務課より正式に発注の手配を行います。
※緊急に手配が必要な場合は、FAXまたはEメールへの添付にて送信ください。
(業者との事前の打ち合わせ・下見積もり等の徴取は問題ありません)

 葉山以外の研究代表者(又は研究分担者)の方は物品等の納品・検収時において、ご所属の機関の取扱いに基づき、検収印または受領日付の押印・記載がされた業者作成の納品書を郵送願います。
※物品および業者の委託において、業者との事前打ち合わせの結果、1契約あたり100万円を超える見込みが明らかな場合は必ず事前にご相談ください。なお委託業務については作業内容および業者の選定理由等を明確にするようお願いいたします。

提出書類

(1) 【様式7】物品役務請求書 

(2) 打ち合わせ業者作成の参考見積書、カタログの写し、委託作業提案書等にてメーカー名、品名・型番、薬務内容が確認できる書面(WEB上のオンライン画面から印刷したものでも可)

(3) 業者作成の納品・検収伝票
※所属機関の事務職員等による検収日付が確認できる検収印等が捺印されたものが必要です。

(4) その他
本学から支払い手続きを行うために必要な請求書・見積書・納品書(役務作業の場合における完了報告書)を研究課題代表者側で受領した場合は、速やかにご郵送をお願いいたします。

 

1契約案件が100万円以上となる場合

(5) 仕様書
業者委託作業等で作業使用を作成いただく場合があります(書類は任意)。

(6) その他
100万円以上の契約見込みの場合は、原則として見積もり合わせ等(金額によっては入札)の実施により、葉山本部財務課で複数業者による競争契約の手続きが必要となりますので必ず事前にご相談ください。
(国内における唯一の取扱業者である等、契約の性質・目的により競争の余地が無いと思われるケースにおいても、契約手続きの判断は財務課で行います)

立替払金請求を必要とする場合

(7) 立替払金請求書【様式12】  (1),(2)と併せて作成ください。
立替払は軽微な金額で、立替払を行わないと実験作業等研究業務に著しく支障を来たす場合ややむを得ない場合に認めることができます。
立替払金請求を行うにおいては、原則として総務課学融合推進センター事務係まで事前にご相談ください。請求内容によっては、理由書等の提出を求めます。

(例示)学会参加費、論文掲載料、その他、事前に提出される購入に関する理由書の提出に基づき、研究計画の遂行上喫緊の必要性が認められ、通常の事務手続きを行う暇がない場合