• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

公開研究報告会  24 January 2014

 学融合研究事業では、総研大内の分野を跨いだ様々な共同研究の支援を行ってきました。採択された研究課題の代表者は、年に一度、公開研究報告会にて、研究の中間報告または最終報告を行うことになっており、今年は1月23日(木)、24日(金)に学融合推進センター1階ホールにて開催されました。初日の第1セッションでは、戦略的共同研究ⅠⅡの最終報告3件、続いて中間報告9件(5分間ずつのプレビューとポスターセッション45分間)の発表が行われ、総勢50名を超える参加者が集まり、活発な議論がなされ、その後の懇親会も大盛況でした。ポスター発表には、研究費の増額の特典があるポスター賞が設定されており、参加した全ての教員による投票(各自シール2枚を貼る方式)で決定されます。今年度のポスター賞は、比較文化学専攻の菊澤律子准教授の「手話言語学を世界へつなぐ-メディア発信とe-learning開発に向けて-」、および地域文化学専攻の野林厚志教授の「「料理」の環境文化史:生態資源の選択、収奪、消費の過程が環境に与えるインパクト」の2つの課題が同点1位でポスター賞(学融合推進センター賞)に選ばれました。この2課題には、特典として次年度の研究費に25万円が加算されます。2日目の第2セッションでは、公募型共同研究と若手研究者研究支援の最終報告6件の発表が行われ、続いて研究プロジェクト企画会議の活動報告と全体討論が行われました。


【開催日時】 平成26年1月23日(木)13:00~1月24日(金)12:50
 
【開催場所】 総研大葉山キャンパス学融合推進センター棟1Fホール 他

【タイムスケジュール】
■ 平成26年1月23日(木) 1日目

12:00~13:00  受付

13:00~13:05  開会挨拶(池内理事) 進行:平田 光司学融合推進センター長

○ 第1セッション<最終報告> 進行:颯田副センター長

13:05~13:30 テクノロジーアセスメント報告の試作—ヒト全ゲノム解読の時代の社会的課題を例に
    遺伝学専攻 井ノ上 逸朗教授戦略的共同研究Ⅰ 24~25年度(最終年度)

13:30~14:10 現生人類の拡散による遺伝子と文化の多様性創出に関する総合的研究
    遺伝学専攻 斎藤 成也教授 22~25年度(最終年度)

14:10~14:50 日本における諸科学の編制と基礎概念の検討―文理融合の有効性をさぐる
    国際日本研究専攻 稲賀 繁美教授 (代理発表:鈴木 貞美名誉教授)23~25年度(最終年度)

14:50~14:55 講評
14:55~15:15 休憩

○ ポスターセッション<中間報告> 進行:本郷 一美准教授

 [プレビュー 口頭発表 1研究課題につき5分]
15:15~15:20 観相資料の学際的研究日本文学研究専攻
    相田 満准教授 24~26年度(継続)

15:20~15:25 在ハワイの日本歴史・文化資料をめぐる国際共同研究 ―ハワイにおける日本文化の受容日本歴史研究専攻
    大久保 純一教授 24~26年度(継続)

15:25~15:30 手話言語学を世界へつなぐ―メディア発信と e-learning 開発に向けて―
    比較文化学専攻 菊澤 律子准教授 24~26年度(継続)

15:30~15:35 惑星科学と生命科学の融合:生命概念の普遍化をめざして
    生命共生体進化学専攻 長谷川 眞理子教授 24~26年度(継続)

15:35~15:40 「料理」の環境文化史:生態資源の選択、収奪、消費の過程が環境に与えるインパクト
    地域文化学専攻 野林 厚志教授 25~27年度(25年度新規)

15:40~15:45 ニュー・ミュージオロジーの確立のための研究
    地域文化学専攻 竹沢 尚一郎教授 25~26年度(25年度新規)

15:45~15:50 自然界の様々なスケールに現れる高エネルギージェット現象の解明
    素粒子原子核専攻 板倉数記講師(代理発表:郡 和範講師) 25~27年度(25年度新規)

15:50~15:55 温度感受システムの進化生理学 —無脊椎動物をターゲットとしてー
    生命共生体進化学専攻 颯田 葉子教授 25~27年度(25年度新規)

15:55~16:00 科学技術コミュニケーションの実践知理解に基づくディスカッション型教育メソッドの開発
    情報学専攻 坊農 真弓助教 育成型共同研究支援 25~27年度(25年度新規)

 [ポスターセッション]
16:00~16:45 ポスターセッションその1

16:45~17:30 ポスターセッションその2

17:30~18:00 休憩

18:00~20:00 懇親会


■ 平成26年1月24日(金) 2日目

8:30~9:05  受付

○ 第2セッション<最終報告> 進行:印南 秀樹 准教授

9:05~9:30 糖鎖集合状態の変化による幹細胞近接場制御
    生理科学専攻 池中 一裕教授 23~25年度(最終報告)

9:30~9:55 模擬宇宙線を用いた実験室宇宙科学の展開
    加速器科学専攻 高山 健教授 23~25年度(最終報告)

9:55~10:10 複合的災害を巡る社会構造と言論に関する科学技術社会論的研究~格差の構造に注目して
    生命共生体進化学専攻 標葉 隆馬助教 24~25年度(最終報告)

10:10~10:25 ヘパラン硫酸微小構造(HSNS)によるWntシグナルの制御
    基礎生物学専攻 三井 優輔助教 24~25年度(最終報告)

10:25~10:40 ショウジョウバエにおけるmiRNA遺伝子と標的遺伝子の共進化の検証
    遺伝学専攻 野澤 昌文助教 24~25年度(最終報告)

10:40~10:55 最終氷期以降における東南極氷床の融解:その量・速度の定量的復元
    極域科学専攻 菅沼 悠介助教 24~25年度(最終報告)

10:55~11:00 講評

11:00~11:15 休憩

○ 研究プロジェクト企画会議の活動報告と総研大を代表するプロジェクト(11:30~12:25) 進行:田辺 秀之 准教授

12:25~12:35 ポスター賞表彰・閉会挨拶(高畑 尚之学長)



【会議の様子】

池内理事による開会挨拶

斉藤教授による戦略的共同研究II採択課題の最終報告

戦略的共同研究Iの報告(相田教授)

戦略Iの報告(大久保教授)

学融合推進センター賞受賞の菊澤准教授

学融合推進センター賞受賞の野林教授

育成型共同研究採択課題の坊農助教

育成I の郡講師(代理発表)

懇親会も盛会となりました

翌朝は最終報告を中心とした発表
公募型共同研究の高山教授

若手研究者研究支援の標葉助教

若手支援の野澤助教

研究プロジェクト企画会議の活動報告と全体討論

高畑学長による講評