• バナーTELAS
  • バナー総研大学融合推進センターYouTube公式チャンネル
  • 研究記録のあり方プロジェクト

問い合わせ先

総務課学融合推進事務室
学融合推進センター事務係

〒240-0193
神奈川県三浦郡葉山町(湘南国際村)

TEL:046-858-1629、1657(事務直通)
FAX:046-858-1546
e-mail : cpis-office(at)ml.soken.ac.jp

公開セミナー 10 March 2014

戦略的共同研究・学内公開セミナー

「温度感受システムの進化生理学」

 生物にとって環境の温度を感じることは生存上必須です。本プロジェクトは温度を感受するシステムがいつどのようにして進化してきたかを探ることを目的としています。 今回は、今年度の成果の報告会です。

海産の無脊椎動物であるヒトデの幼生を用いた温度走性実験について報告するお茶の水大学の濱中玄先生。

基礎生物学専攻の井口泰泉先生から温度感受性と性決定というタイトルで、温度のような環境条件によって♂になるか♀になるかが決まるメダカやワニを用いた研究結果を報告していただきました。

大阪市立大学の寺北明久先生は光受容タンパク質の多様性と機能について話していただきました。

生理科学専攻の富永先生は温度受容体とその生理学的意義について多くの生物から得られた研究結果を報告しました。 各発表後の質疑応答では、とても活発な意見交換が行われました。

追記:このプロジェクトの中心的存在であった渡辺正勝総研大名誉教授と団まりな元大阪市立大学教授は事故のため、この研究会の3日後に亡くなられました。お二人ともに、このプロジェクトを牽引するとともに、その成果を楽しみにしていただけに、本当に残念でなりません。心からご冥福をお祈りします。